パナシーア瞑想

瞑想ってなに?瞑想の定義

 

今回は一般的な瞑想の定義についてのお話です。

 

瞑想とは

瞑想と聞くと、年代によってそのイメージが大きく分かれるところがあるようです。マインドフルネス、ヴィパッサナー瞑想、TM瞑想、禅、「これって瞑想だよね?」と思われるものはどなたにもなんとなく浮かぶと思いますが、一言で「これが瞑想だ!」と言える人は少ないかもしれません。瞑想というのはそれらすべてのことを指します。ですので、大まかなイメージとしてはこんな感じになります。

 

瞑想をスポーツに例えると分かりやすいかもしれません。スポーツには野球もサッカーもボクシングも様々にあります。それらすべてをまとめて「スポーツ」というようなものです。坐禅やヴィパッサナー瞑想、TM瞑想、阿字観などはすべて「瞑想」の中の一つの技法です。
ただ、それらすべてが瞑想だといっても、「瞑想とはなにか」について答えたことにはなりません。それでは、瞑想の定義とはなんでしょうか。

 

瞑想の定義

wikiによると瞑想とは

「心を静めて無心になること、何も考えずリラックスすること、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことなど」

とあります。しかし、それでは、瞑想でやることを羅列しただけでいまいち的を射ません。

それでは「スポーツとはなにか」と聞かれた時に、スポーツとは、「蹴ったり殴ったり走ったりするものだ」と答えるようなものです。それらは間違いではありませんが、広義に過ぎます。その曖昧さが、瞑想というものを掴み辛くしている原因の一因になっているともいえるのではないでしょうか。

そこで、パナシーア瞑想では、瞑想とは「特定の目的のために行う脳内訓練である」と定義しています

これを先程のwikiの定義に当てはめてみます。

 

メモ

心を静めて無心になる・・・
心を静めるという目的のために頭の中で無心になる訓練をするのが瞑想である

何も考えずリラックスすること・・・
リラックスするためになにも考えない様に頭のなかで訓練するのが瞑想である

心を静めて神に祈ったり・・・
※祈りが瞑想であるかどうかは別の機会にお話しします

何かに心を集中させること・・・
なにかに心を集中させるために頭の中で訓練するのが瞑想である

目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと・・・
深く思いをめぐらせるために頭の中で訓練するのが瞑想である

ということができます。

さて、なかには「リラックスすることがなぜ訓練になるんだ」「集中することがなぜ訓練だと言えるんだ」「思いを巡らせるのはなにも訓練のためにするのではない」という疑問が思い浮かんだ方もいるかもしれません。その答えは「状態」と「訓練」ということを考えればお分かりいただけると思います。
もし、「リラックスしていること」自体が瞑想になるとするならば、温泉に入っている時も自宅でくつろいでいる時も「瞑想」になってしまいます。また、ただ集中している状態を瞑想というならば、仕事中も趣味に没頭している時も私達は瞑想をしていることになります。思いをめぐらせている「状態」そのものが「瞑想」であるとするならば、不安を抱え悩み苦しんでいる状態もすべて瞑想をしていることになってしまいます。

瞑想が瞑想として特別なのは、「訓練」という要素があってこそです。

そのため、無心という状態が瞑想なのではなくて、より深く無心になろうとする訓練こそが瞑想であり、リラックスすること自体が瞑想なのではなくて、より深くリラックスできるように訓練することが瞑想であり、集中していること自体が瞑想なのではなく、より深く集中できるように訓練していくことが瞑想であり、思いをめぐらせている状態が瞑想なのではなくて、思いをもっと深く巡らせるために訓練していくことが瞑想なのです。

※ただ、最終的には訓練そのものが目的となり、瞑想自体が「目的そのもの」に変わっていくということがありますが、今は無視していただいて構いません。

やはり、瞑想というものをしっかり捉えていくためにも、定義は曖昧ではなく明確にしていっていただきたいと思います。

 

 

今回のまとめ

 

瞑想の定義

瞑想とは特定の目的のために行う脳内訓練である

☆瞑想は訓練という要素が大切

 

 

おすすめ記事

-パナシーア瞑想